人気ブログランキング |

eden handy crafts


お散歩と器と染め箱の日記
by eden_craft
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

生よもぎで数回下染めの後繰り返し乾燥よもぎで重ね下染め

生よもぎで数回下染めの後繰り返し乾燥よもぎで重ね下染め

本染めの染料も数種重ね染めして
やっとここまで来ました

春から初夏に咲く藤の爽やかな雰囲気を出す為に繊細に気をつけて染色です
生よもぎで数回下染めの後繰り返し乾燥よもぎで重ね下染め_e0295491_06314936.jpg
少し色味をみる為にこのまましばし置きます

その隙間に今日は都心部のお客様に
箱染めを届けに出ました
やっと出来上がりましたが、だいぶお待たせしてしまいました

いつもこちらに伺うと帰りには立寄る
明治神宮

いつお参りに来ても本当に気持ち良い
生よもぎで数回下染めの後繰り返し乾燥よもぎで重ね下染め_e0295491_06390138.jpg
日向は爽やかに

日陰に入ると肌寒い日ですが
天気も良くて軽く汗ばむ程
上着はいらない陽気です
生よもぎで数回下染めの後繰り返し乾燥よもぎで重ね下染め_e0295491_06400872.jpg
いつもこの限りなく自然に近い形で作られた明治神宮の森に入ると、マイナスイオンたっぷり
目線から遥かに高くそびえ立つ木々の緑の合間に見える空と雲の空間に癒されますよ

新緑が眩しく木々の花芽が舞い散る様子も綺麗です

生よもぎで数回下染めの後繰り返し乾燥よもぎで重ね下染め_e0295491_06434165.jpg

生よもぎで数回下染めの後繰り返し乾燥よもぎで重ね下染め_e0295491_06434376.jpg

ゆっくり時間もあったので
こちらのパワースポットの清正井にも立ち寄りました

カキツバタと菖蒲が見たいと思ってこちらを訪ねるとこの数年は誘導する係りの方が人員整理する程なので、最近ではその時期ではない時にお訪ねする様になりました

加藤清正を始めその頃の時代の方が水湧き出る所を大切に茶でも楽しんでいる事が想像されます
今でも水はひっそり湧き出て 自然の有り難さを実感します

庭園内はツツジや池の水蓮の葉(花はカキツバタの頃なので後少し) 大きな鯉が人気を察知して
ゆったりと寄ってくる様子を見て
大きく深呼吸

あと少しの染め箱の良い出来上がりを信じて
又精を出して頑張れそうです

間違いなく明治神宮はイヤシロチですね

ひとり散策の後都会の街並みに戻るのも悪くない時間でした

皆様も都会の森に深呼吸しに 是非

# by eden_craft | 2021-04-13 06:31

この春のスギナ よもぎで下染め

この春のスギナ よもぎで下染め_e0295491_08153760.jpg
この春のスギナ よもぎで下染め
スギナもよもぎも薬効高くましてや
冬の間にエネルギーを貯めていたから
春出たての草は煮出しても色香りが断然違う

まとめて少し大きめの箱を数回下染めして
図案を検討した後本染めに入りました
この春のスギナ よもぎで下染め_e0295491_08354877.jpg

さて今年の藤はどの様な出来上がりになるのか楽しみです
この春のスギナ よもぎで下染め_e0295491_08204794.jpg

雨が降って暖かい日が続いたのもあって葉っぱの茂り方が早い 

自然の力強さを実感しますが、
同時にいつもより季節の移り変わりが早い様に
感じます

少し先の図案と藤を染め始めていますが
花が追いついてしまうかなと最近の変化
には驚くばかり

この春のスギナ よもぎで下染め_e0295491_08254359.jpg

この春のスギナ よもぎで下染め_e0295491_08254471.jpg

この春のスギナ よもぎで下染め_e0295491_08254600.jpg
庭花の事で色々と教えて下さる知人からの
お庭の花束のプレゼント

ラッピングペーパー替わりに葉っぱでと

センスの良さには脱帽です

手入れしているお庭の花は活き活きとしていて
シャガーや大根草も入っている所も素敵で
玄関周りが春らしく華やぎました

地方の方の所への染料採取にも
早く行ける様になる事を祈って
少し大きめの箱染めも進んでいきたいです


# by eden_craft | 2021-04-06 08:10

ベランダの植木鉢に目を向けるとすっかり春が到来しています

ベランダの植木鉢に目を向けるとすっかり春が到来しています_e0295491_20195744.jpg
ベランダの植木鉢に目を向けるとすっかり春が到来しています

朝夕寒いながらもしっかりと球根には冬の間にも栄養を蓄えて少し暖かい気温になってきたのでしっかりと根を張り力強く活き活きとした
花を咲かせてくれました

昨年よりも沢山の蕾があちらこちらに見え隠れしています


ベランダの植木鉢に目を向けるとすっかり春が到来しています_e0295491_20195969.jpg

こちらのすみれは、多分ベランダに飛来する鳥からの贈り物
ベランダ中の鉢のあちらこちらから沢山のつぼみが見受けられて、地植えでなくとも可憐な空からのプレゼントに本当に本当に嬉しくて

小さなベンチにぎっしりと乗せてある
鉢植えは部屋からの目線の高さが丁度程良いので、ひっそりと根元から出ている草花も観察出来て日々の楽しみにもなっています
ベランダの植木鉢に目を向けるとすっかり春が到来しています_e0295491_20200238.jpg


あまり整備する育て方は好きでは無いので、色々な生態系が見えるのも魅力です
ベランダの植木鉢に目を向けるとすっかり春が到来しています_e0295491_20321522.jpg
さて私の染め箱ですが、
1月より取り組んでいたゼラニウムの小箱と
近所の神社の裏山に咲いていた椿を写生して
やはり小箱に 椿は野点用茶道具箱として
もう少し大きな物と数点染めてみています
ようやく完成間近になりました
数がもう少しだけ沢山染められるといつもいつも思いますが、染料を集めてとなると安易では無いのと私の体力となかなか良いバランスがとれません

神社の裏山の地面には、はこべやよもぎが出始めて来ているので本当は野点道具一式と写生道具と共にもう少し足をのばしたお出かけて行きたいのが本音です

雨水の頃を境目に綺麗に冴え渡る青空が、
これからの明るい毎日を予感させる気がするのでもう少しでしょう

皆様もお元気に

身近な植物や生き物をテーマに更に
気に入った物が出来たらと思います



# by eden_craft | 2021-02-19 20:19

ベランダの鉢植えの水仙が見事に咲いてくれました もう春はすぐそこまで来ています

ベランダの鉢植えの水仙が見事に咲いてくれました もう春はすぐそこまで来ています
ベランダの鉢植えの水仙が見事に咲いてくれました もう春はすぐそこまで来ています_e0295491_07054546.jpg
ベランダの鉢植えの水仙が見事に咲いてくれました もう春はすぐそこまで来ています_e0295491_07060530.jpg
ガラス越しの水仙も良いけれど
部屋にも春の香りが欲しくて
沢山咲いてくれたので
彼方此方に投げ入れですが
置いてみると

種類によって少しずつ違う
ほのかな香りに包まれて
心地よい
ベランダの鉢植えの水仙が見事に咲いてくれました もう春はすぐそこまで来ています_e0295491_07062760.jpg
寒いのも雨水の日(2/19)辺りを境目に

先月頂いたカレンダーに記載されているのを
見て
季節感を体感と照らし合わせて
実感出来る毎日が楽しくなりました


雨水(うすい) 
降る雪が雨に変わると言う意味で土にも潤いが満ちて来て草木も萌え出る準備を始める頃
この日を目安に野菜や植物を植える
種を蒔くなど春に気持ちを切り替える日としても良いとありました

温暖化が進む現代なので少し昔の暦からは
ズレがあるかもしれませんが、小さなベランダの植物を見ればなるほどと思う事も多い毎日です

地植えの庭に憧れる私ですが、鉢植えだと目線に小さな植物の生きている瞬間を見させてもらえる事は違う趣きもあります
ベランダの鉢植えの水仙が見事に咲いてくれました もう春はすぐそこまで来ています_e0295491_07222384.jpg
さて私の手仕事も春にあわせて
箱染めと共に菓子切り作りに
煤竹を頂いていたので好みの形に割いて削って
菓子切り製作中です

日本画を描き始めてから写生は大切だと
時間をみつけては写生に行く時に持参する
野点セットは、今では欠かせない時間と道具です

ふらっと路地裏にみつけて立ち寄る和菓子屋さんで季節のお菓子を少し分けて頂き
ベンチでも野原に腰を降ろしてでも一休み
スリムポットに入れてきた暑い湯でお気に入りのお茶と一緒に深呼吸

草の上でしたらそのまま少し身体を伸ばすと
目の前に大きな空を見上げられます
背筋が伸びて気持ち清らかです

あらかじめポットに入れて行ったお茶でも良いけれど、抹茶はもちろんの事コーヒー煎茶
ほうじ茶までもその場所で新たに入れる物と菓子は言うまでもなく最高なのです

ベランダの鉢植えの水仙が見事に咲いてくれました もう春はすぐそこまで来ています_e0295491_07334227.jpg
箱染めの時に染液が沢山ある時は布を染めている物が少しずつたまる物を使ってこの春に向けて野点道具を更に充実させています
ベランダの鉢植えの水仙が見事に咲いてくれました もう春はすぐそこまで来ています_e0295491_07334508.jpg
菓子切り入れが探すとなかなか気に入ったものが無いので菓子切り入れを染め布と共に
大好きな貴重な更紗と合わせてみました

今は写生旅行にも行かれないので

世界菓子切り入れ旅?

左からヨーロッパ更紗 藍染

真中 和更紗 八重桜染

右  インド更紗 桑と藍の重ね染

植物染めの布も良い年月を経過して
年代物の更紗にも寄り添える様にも
満足できる出来栄えです
少し幅も持たせて小さなスプーンも入れられる
のでより機能的になりました

外出制限が規制なくなる日までに
野点用 箱染めも揃えたいと思う日々を
過ごしています


# by eden_craft | 2021-02-15 07:04

すっかり2021年も明けて1月ももう終わりそうになりました 

すっかり2021年も明けて1月ももう終わりそうになりました 

先日神楽坂でいつもお世話になっている
神楽坂プリュスさんの出展が今年最初の出展日

雪予報が出た東京 

どうなるかとも思いましたが、神楽坂はどうにか昼過ぎに雨が上がると地元の常連様が次々と来店して下さり無事終えられました ありがとうございました

すっかり2021年も明けて1月ももう終わりそうになりました _e0295491_10591504.jpg

すっかり2021年も明けて1月ももう終わりそうになりました _e0295491_10591612.jpg
帰りに店長さんからは素敵なカレンダーのプレゼント
私にぴったりと取って置いて下さった様です

毎月の移り変わる棚田写真と共に
旧暦と二十四節気 現代のスタイルの二段式
なかなか素敵な仕立てです

表紙のすぐ裏には棚田写真家の青柳健二さんの文章が拝見できました

ただ飾っておくよりも、実際に使ってみるというアクションを起こす事で

「自然は自分の中に在る」ことになる

とありました
すっかり2021年も明けて1月ももう終わりそうになりました _e0295491_11142444.jpg
自宅の植木鉢に目を向けると小さな小さなスミレが密かに咲いています
すっかり2021年も明けて1月ももう終わりそうになりました _e0295491_11142597.jpg
つぼみばかりの紅梅なのにほのかにファーっと香りがたって
本当に身近な生き物に驚かされる事ばかりで興味がつきません

色々な感覚が私の中での自然を認識した日でもありました
すっかり2021年も明けて1月ももう終わりそうになりました _e0295491_11172581.jpg
さて今年の初めの染め箱はゼラニウムから

冬は染料に乏しいといわれますが、私の中では冬らしい枯れ色としてむしろ重厚な色を頂けて気に入っています
すっかり2021年も明けて1月ももう終わりそうになりました _e0295491_11203682.jpg
染め重ねる事 で深みを増します
手をかけただけの答えが必ずあるのが染色の世界の様な気がします
すっかり2021年も明けて1月ももう終わりそうになりました _e0295491_11203701.jpg
出来上がって眺めるとすっかり春です
すっかり2021年も明けて1月ももう終わりそうになりました _e0295491_11214017.jpg
植物と生き物に目を向けて
色々な物を...


テーマを軸に色々な素材で自由になっていきたいです





# by eden_craft | 2021-01-30 10:51

カテゴリ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

ハンドメイド